動画編集テクは独学で学べるのか

スキルアップのために

迷った時には気づくこと

編集をしていて行き詰ったり、なかなか編集がうまく出来ない時が出てくるかと思います。
そんな時は「気づき」を求めてみましょう。
口で言うのは簡単なのですが、案外できないことです。

編集に関係ないところでも気づくことによって、編集へ活かせる場合も出てきますので、生活の中で常にアンテナを張っておきましょう。
例えばですが、新聞広告も動画編集に生かせる素材です。
新聞広告は目立たせるために文字の大小に気を付けてインパクトを与えるような作りをしています。
また、フォントもこだわりを持っているので参考になるものと言えます。
テレビの編集も見ていると気付くポイントとなりえます。

どちらのものもその道のプロが作成しているものです。
実際にプロが行っている技術を気づいて盗むことも重要になってきます。
どんなところで気づきが出てくるかはわからないので常に意識しておくといいと思います。

他人の動画も気にしてみてみる

今やテレビが家にないという事や新聞を取っていないということも多くなってきています。
そのような時はどうしたらいいのでしょうか。

そのような時は他人の動画を見てみるのもいいと思います。
自分に興味のない内容を見るのが一番のおすすめです。
なぜかというと興味のない内容のことでも引き込まれれば何かしら編集がうまくいっている点があるからです。

編集は無駄を省いて正確に物事を伝えることを目的として行われます。
見たい内容は何もしなくても引き込まれるものですが、興味のない内容の場合はそうゆうわけにはいきません。
もし、迷った時には他人の動画も見てみましょう。
同じジャンルの動画に偏る必要はありません。
どんなジャンルの動画でももしかしたら収穫が得られるかもしれませんよ。


シェア
TOPへ戻る