独学でも動画編集テクニックは学べる?

動画編集テクは独学で学べるのか

素人でも編集は出来るのか

まずは動画編集テクニックとはどのようなものがあるのかご紹介をしていきます。

・カット
結構一般的に使う言葉で多くの人の認知がが高い言葉だと思います。
このカットとは無駄な部分をそぎ落とすという意味合いで使っています。
要点のみを伝えるためにはとても有効ですし、視聴者が見たいところを中心的に出せる技術となっています。
有効に使えばわかりやすく面白い動画になりますが、多いカットは何を言いたいのかわからなくなってしまうので避けておきたいところです。

・テロップを入れる
これもテレビでよく見かける言葉ですよね。
動画の途中で入れる字幕です。
紹介したいことを文字で説明することによってより正確に視聴者へ伝えることが出来ます。
また、テロップ自体は少し長めに出しておきましょう。
読むことが遅い人もいるので長めに出していれば親切だと言えます。
テロップには装飾をしておきましょう。
単調なテロップは飽きてしまいますので、動画のコンセプトに合わせたものを作りましょう。

・効果音
効果音の効果は絶大です。
これがなければ、単調な動画になってしまい、興味をそそられなくなります。
例えば、淡々と商品レビューをしている動画があるとします。
このままでは半分もいかないうちに他の動画に切り替えてしまします。
しかし、同じ動画に効果音を入れるだけで、興味が持てる内容になってきます。
ただし、何でもかんでも入れれればいいというわけでなく、適切な効果音を使っていきましょう。

これを基本にして行うことがまず大事だと言えます。
意外に作業をしてみると簡単に出来る内容なのでまずは実践してみてはいかがでしょうか。

動画編集テクとは

動画編集に関してはプロじゃないと出来ないと思っている方が多いと思います。 いえいえそんなことはありません。 初めはみんな素人で試行錯誤しながら動画編集を行っています。 誰でも動画編集を始めることができます。 ここでは動画編集に関しての疑問を解決していきます。

どうやったら学ぶことが出来るのか

動画編集について説明をしてきましたが、どのようにしたら学ぶことが出来るのでしょうか。 ここでは独学で学ぶことをテーマとしていますので、専門学校へ行きましょうという答えはしません。 独学で学ぶ方法はいろんな方法があります。 その方法をご紹介していきます。

スキルアップのために

動画編集をして投稿をしても視聴数が増えるというわけではありません。 あなたの動画に対していろんな意見が出てくると思います。 そのことを真摯に受け止めながら、スキルアップをしていきましょう。 ここではスキルアップをするための方法をご紹介していきます。

TOPへ戻る